JOB X-RAY
ホーム > 会社案内 > 沿革

沿革


株式会社ジョブは1988年に創立者である山本敬一郎(代表取締役社長)により電源メーカーとして設立されました。
以来、X線発生装置の研究開発に力を注ぎ、現在は医療用から工業用まで幅広い応用分野をカバーするに至っております。

1988年横浜市港北区新横浜1-19-6で業務開始
資本金500万円
1989年本社を横浜市港北区新羽町921に開設
医療用X線発生装置用の2kW直流高圧電源を開発
1990年工業用X線発生装置用の100kV直流高圧電源を開発
工業用X線発生装置用の250kV直流高圧電源を開発
1991年資本金を2,000万円に増資
可搬型医療用X線発生装置用2kW直流電源を開発
1994年レーザー用電源を開発
1997年本社・工場を横浜市港北区新横浜1-19-8に移転
携帯型X線発生装置の研究を開始
2000年資本金を4,000万円に増資
X線発生装置用電源の業務拡張第一次計画を策定
非破壊検査用X線発生装置を開発
2002年医療用具製造業承認を取得
2006年ISO9001取得
ISO13485取得
動物用医療機器製造販売業承認を取得
2007年医療機器製造業許可証を取得
第二種医療機器製造販売業許可証を取得
2008年神奈川県経営革新計画承認を取得
2009年山形県尾花沢市に山形工場を設立
回路基板の組み立てを開始